4月


ああ、探求者よ、智恵深くあれ、賢くあれ
あなたの最後の一歩が新しいスタートなのだ。

2006.4.31. (日)

魂の鳥

私が主に感謝しているのは
主が私の感謝に値するからではない
私が感謝するのは
私と私の人生は主の恩寵の形跡だからだ

2006.4.29. (土)

魂の鳥

マインドは決まって神を疑う愚か者
ハートはいつも神のビジョンの眼で学んでいる

2006.4.28. (金)

魂の鳥

マインドの不満は有害なもの
ハートの寛容は智恵に満ちている

2006.4.27. (木)

魂の鳥

与えなさい、与えなさい、ただ自分を忘れて与えなさい
受け取りなさい、受け取りなさい、ただ喜んで受け取りなさい

2006.4.26. (水)

魂の鳥

神に関する質問はすでに半ば答えになっている
神によるお答えは歓喜に満ちている

2006.4.25. (火)

魂の鳥

私の至福の魂が創める
私の愛の心が伝える

2006.4.24. (月)

魂の鳥

マインドの音楽は世俗的な欲望にみちている
ハートの音楽は魂にみちている
魂の音楽は神の心にみちている
人生の音楽は苦悩にみちている

2006.4.23. (日)

魂の鳥

悲しいことに、私のマインドは
いつも間違ったことをしている
神がご覧になっていないときは
ないというのに

2006.4.22. (土)

魂の鳥

遅かれ早かれ
私の心の太陽が昇る
それは確かなことだ
驚くべきことではない

2006.4.21. (金)

魂の鳥

私の傲慢なプライドが
行ってしまった
私のいのちは神の御心の
芳しさに満ちている

2006.4.20. (木)

魂の鳥

神の御心は限りなく慈悲深い
疑いも恐れもない人生を
授けてくださる

2006.4.19. (水)

魂の鳥

神の慈悲の木の下にいることは
私の人生での最も輝かしい勝利である

2006.4.18. (火)

魂の鳥

私のマインドは虚しく愚かなもの
神の智恵の授業を
遠ざけている

2006.4.17. (月)

魂の鳥

内へ深く潜るとき
永遠の息吹に
招かれているのが分かる

2006.4.16. (日)

魂の鳥

私のハートは
花のように純粋になった
私の神への旅が
今始まろうとしている

2006.4.15. (土)

魂の鳥

神の力強い眼を
恐れてはならない
見よ!その中にこそ
神の慈悲の大空があるのだ

2006.4.14. (金)

魂の鳥

神は私のハートを
御自分の特別席としてくださる
私がちゃんとそこを
清らかに、きれいにきちんとしておくからだ。

2006.4.13. (木)

魂の鳥

良い人であるためにそして
神の特別な糧であるために私は生まれてきた。

2006.4.12. (水)

魂の鳥

人生の改革の時が
どんどん速いスピードで近づいて来ている。

2006.4.11. (火)

魂の鳥

ハートに美と歓びがあるのがうれしい。
どこにも荒涼とした無知の闇などない。

2006.4.10. (月)

魂の鳥

ただ与えて、与えて、与え続けなさい。
神の喜びと誇りの中で生きるためには。

2006.4.9. (日)

魂の鳥

我が主最愛のスプリームは私のハートの涙を 祝福し、
力づけるために現れてくださる。

2006.4.8. (土)

魂の鳥

神がこちらにどんどん近づいていらっしゃるとき
どうやって瞑想したらよいかって?
献身のハートになりなさい
そして自己を捧げる人生になりなさい。

2006.4.7. (金)

魂の鳥

毎日 輝くばかりにダイナミックでありなさい。
毎秒 最高に夢中になりなさい。

2006.4.6. (木)

魂の鳥

ハートはそれぞれ皆美しい。
息吹はそれぞれ皆神に溢れている。

2006.4.5. (水)

魂の鳥

私のハートは美の輝き
私の人生は(この世での)任務のよどみない流れ

2006.4.4. (火)

魂の鳥

失敗の闇は去ってしまった、もうない!
平和の至福に満ちた岸辺に到達したから。

2006.4.3. (月)

魂の鳥

私の偉大さは長続きしないが
私の良さはずっと続く。
私の良さは神の喜び、
神の誇り、それ以上。

2006.4.2. (日)

魂の鳥

黄金の真実の眼差しを見、
愛するためには
シーカーは(過去の悲痛を洗い流す)涙の源のような
ハートをもたなければならない

2006.4.1. (土)

魂の鳥